2011.9.11 
上尾丸山公園で開催された上尾げんき祭り会場で、福島復興イベントとして、いわきの野菜販売を行いました。


2011.8.27
福島復興支援センターの活動報告をアップいたしました。


2011.5.8
福島復興支援センターは、大川興業に連絡しボランティア活動を続けている大倉保育園に野菜等の支援物資を送って欲しい旨連絡をしました。
無事大倉保育園に野菜の支援物資を送ることができました。 
そのことがニュースとして記事になりましたのでご紹介いたします。
  
知的障害者ら野菜送り被災地応援 奈良から福島へ
http://www.47news.jp/CN/201105/CN2011050401000486.html

 記事全文抜粋
 
「ぼくらの野菜を食べて元気になって」。奈良県葛城市の知的障害者更生施設「柊の郷」の障害者らが4日、手塩にかけて育て、収穫した野菜を、東日本大震災に遭った福島県いわき市の保育園に送った。敷地内の畑に毎日通い、手で害虫を取り除いた「愛情たっぷり」(職員)の野菜だ。
 「野菜が足りない。いわき市に送ってほしい」。きっかけは同市の大倉保育園周辺でボランティア活動を続けるお笑い集団「大川興業」の大川豊総裁からの電話だった。施設理事長の足高慶宣さん(57)とは、数年来の友人。「それなら、いま収穫できる野菜は全て送ろう」と早速取り掛かった。
 送った野菜はタマネギや、奈良県特産の「大和まな」など段ボール6箱分。約10年前から農業を始め、除草剤は一切使用せず、有機肥料を使って丁寧に育ててきた。味に甘みがあるのが特徴だ。

 障害者自ら「書きたい」と提案し、思いを込めて何度も書き直した手紙や、色鉛筆で描いた絵も添えた。「元気をだしてがんばって」「ふっこうしてください」。20〜70代と年齢はさまざまだ。

 葛城市内のイベントで野菜を販売した売上金は、大川さんらに送り、活動を支援する。周囲の農家にも協力を呼び掛けた。「必要な限り、野菜を送り続けたい」。足高さんは力を込めた。


 2011.4.20 
 東日本大震災復興NPO支援全国プロジェクト設立総会&支援フォーラム
 
お時間がある方は是非お立ち寄りください。
 
日時 平成23年4月24日(日) 13:00−18:00
 場所 立正大学石橋湛山記念講堂(JR山手線大崎駅徒歩5分) 
 主催 東日本大震災復興NPO支援全国プロジェクト準備会
 共催 新しい公共をつくる市民キャビネット、市民キャビネット災害支援部会、立正大学
 プログラム
 プレイベント 13:00-14:00 震災復興チャリティーコンサート
<出演予定>
・NPO 法人 国境なき楽団
・NPO 法人 ドリームスカイ ユニオン(キミに、つながレディオ!)
・NPO 法人 WEL’S 新木場
・NPO 法人 日本太鼓協会
・被災地のアーティスト(ゲスト)
第一部 14:00-16:30 東日本大震災復興NPO支援フォーラム
<プログラム>
@あいさつ
A開催趣旨説明
B来賓挨拶
C東日本大震災活動報告
<活動報告者、関係者>
 市民キャビネット災害支援部会[輸送隊、仕分け隊、募金隊、広報・カメラ隊,現地出動隊]
 東日本大震災復興NPO支援全国プロジェクト仙台事務所
 遠野まごころネット
 福島復興支援センター
 GANBARO↑MIYAGI/宮城復興支援センター
 仙台宮城緊急支援対策本部(ワンファミリー仙台内)
 (特)静岡県ボランティア協会
兵庫 被災地NGO協働センター、(特)日本災害救援ボランティアネットワーク
(NVNAD)
埼玉 (特)NPO埼玉ネット、(特)埼玉カウンセリングセンター
市民航空災害支援センター
(特)日本ユニバーサルデザイン研究機構
(特)キャンパー
全日本救助犬団体協議会 【(特)沖縄災害救助犬協会、(特)九州救助犬協会、
(特)日本レスキュー協会、(特)日本捜索救助犬協会、(特)北海道ボランティア
ドッグの会】
(特)国境なき楽団
(特)アトピッ子地球の子ネットワーク
戸田市民災害支援対策本部
D未来への提言
 「復興支援ファンド」の創設
第二部 16:45-18:00 東日本大震災復興NPO支援全国プロジェクト設立総会
★協力団体・企業
国際ロータリー2760地区(愛知)
ラッシュ・ジャパン株式会社
社団法人埼玉県労働者福祉協議会
支援物資、資金提供団体のみなさん
6.参加予定者  1,000人 NPO関係、政府関係、自治体関係者、一般

2011.04.11
 3月27日「岩槻ミステリーツアーを開催」予定でしたが、3月11日に東日本大震災が起きツアーは中止となりました。
当NPOの理事小林の実家が被災地の一つ福島県いわき市であった関係で「福島復興支援センター/NPO法人地域文化R&Dプロジェクト」をいわき市に開設し福島県や市民キャビネットと連携し福島県の災害支援&復興を推進していく予定です。